会社設立のトータル費用 - おしえて!東京での会社設立

HOME » 東京での会社設立 » 会社設立のトータル費用

会社設立のトータル費用

会社設立するためにはいくつかの手続きをしなければなりませんが、そのときにかかる費用はどのくらいなのでしょうか?
初めて会社設立する人にとって費用がどのくらいかかるのかは気になる部分だと思いますので、ここでは一般的な会社設立にかかる費用についてお話したいと思います。

まずはじめに会社設立手続きにかかる費用ですが、これは株式会社と合同会社で少し違います。
株式会社の場合、定款の認証手数料50,000円、定款の収入印紙代40,000円、定款謄本代2通でおよそ2,000円、登録免許税150,000円、登記事項証明書代1通600円、印鑑証明書代1通450円でトータル243,050円になります。

合同会社の場合は定款の認証が必要ないので認証手数料はかからず、定款の収入印紙代40,000円、登録免許税60,000円、登記事項証明書代1通600円、印鑑証明書代1通450円でトータル101,050円です。
ただし定款を紙ではなく電子定款にすると株式会社・合同会社どちらも0円になるので40,000円お得になります。

ここまでは会社設立の手続きにかかる費用で、このほかに資本金や事務所・店舗を借りるときの敷金・礼金・保証金・賃料やインターネット接続のための工事費、各種必要書類の手数料などいろいろなところにお金がかかります。
中でも資本金は会社運営の核となるお金ですから、十分な額を用意しておいたほうがいいので、最低でも会社スタートから3か月分の運営費にあたる額は用意しておきたいところです。
資本金の設定はどんな事業をするかによっても異なりますし、従業員を何人雇うかにもよりますので明確な金額は出せませんが、一般的な中小企業なら1,000万円から3,000万円程度が妥当なところではないでしょうか。

このように会社設立にはたくさんのお金がかかりますので、資金調達を早くから始めてスムーズな手続きができるようにしなければなりません。