会社設立後の挨拶状のタイミング - おしえて!東京での会社設立

HOME » 東京での会社設立 » 会社設立後の挨拶状のタイミング

会社設立後の挨拶状のタイミング

 

会社設立を行った際、必要となってくるのが関係者の方に出す挨拶状です。
挨拶状とは何かというと、簡単に言えば会社設立をした旨を伝えるための手紙やはがきのことを言います。
ただ、近年は挨拶状の形も変わってきていて、メールで済ませるというところも多いです。
その他、電話で伝えたり、口頭で伝えたりするだけということも増えています。
実際に挨拶状にこれと言った決まりというのがあるわけではないため、実際に自分たちが送りたい方法で挨拶状を送るのが定番となっています。
ただ、そんな挨拶状ですが、送るタイミングというのが重要となってくるでしょう。
そもそも送るタイミングに関しては、「知らない」という方も多いかもしれません。
これに関しては会社設立後となるのはもちろんですが、その後どのタイミングで送るのかが重要となってきます。

会社設立後というのは、意外とドタバタしていることも多く、事業も軌道に乗せなければなりませんし、店舗や事務所の管理、社員やスタッフの教育研修、備品の整理、書類の管理と色々なことが必要です。
そうなると、やはり毎日やることが多くて、どうしても挨拶状に関しては失念してしまうことも多々あります。
そのため、極力は会社設立後に時間があれば、その都度挨拶状を作成して、送るのが良いと言えるでしょう。
実際に挨拶状を送るタイミングとしては、正解があるわけでも不正解があるわけでもありません。
送ったタイミングによって相手がどう思うのか変わるということもないので、そこは落ち着いてからでも良いですし、すぐに送るというのも良いかもしれません。
やはりそこは事情などもあるので、一概に遅れたからと言ってマナー違反になるということはあまりありません。
ただ、会社設立から数か月以上、半年以上となるとやはり遅過ぎると言えるでしょう。
正解はありませんが、常識の範囲内で会社設立後に送るというのが一般的かもしれません。

なお、会社設立に関しては、送られた側も返信をしなくてはなりません。
そのことを考えると、できれば会社設立後には早めに送った方が良いことに越したことはありません。
だからこそ、業務の合間に挨拶状を作成し、お世話になった人はもちろん取引先やクライアントに送っていくのが良いのではないでしょうか。
まずは会社設立を円滑に進めるため、専門家にも相談してみてください。
また、挨拶状などは専門家にサポートしてもらえば、より簡単に作成して送ることができます。
そちらも活用してみてください。