会社設立の記念品を作るには? - おしえて!東京での会社設立

HOME » 東京での会社設立 » 会社設立の記念品を作るには?

会社設立の記念品を作るには?

 

会社設立で記念品を作る、いわゆるノベルティグッズを作るは、会社の存在を世間に認識してもらう目的があります。
そのため、記念品には社名が入ったアイテムを作るのが一般的です。

ここでは、どんな記念品があるのか?について、詳しく紹介していきたいと思います。
会社設立の記念品にぴったりの物とは、やはり人目につくものが一番いいでしょう。
自社の宣伝も兼ねていますので、会社の名前が目立つところに記された記念品をできるだけ多くの人に利用してもらうと、それだけ会社の存在を、世間の人に認知してもらえます。
そう考えると、普段から使われている実用品は、 人が手に取るものになりますので記念品としてふさわしいのではないでしょうか?

例えば筆記用具は実用性が高く、もらって迷惑になるものではありません。
おしゃれなデザインのものになると、それだけ人の目に入りやすいです。
このような実用品は安いぽいものを選んでしまうと逆効果になりますので、ある程度お金をかけたものを贈った方が相手が使ってくれますし自社の宣伝にもなります。

次に、喜ばれるのはお菓子などです。
最近では、お菓子に社名を入れて送る記念品が話題になっていたりします。
どのように社名を入れるのかと言うと袋に入れたり、お菓子に焼き印を入れたりなど様々です。
食べ物は後に形が残りませんが、喜ばれて印象に残ることは間違いありません。
相手にとって使い道のないものを贈るより、一番記憶に残る記念品だと言えるでしょう。

次は、結婚式の引き出物のように、ギフトカタログを贈るケースもあります。
ギフトカタログの表紙に、自社の名前を印刷して、記念品として贈る形です。
記念品のギフトカタログを貰った人は、カタログの中から好きな商品を選ぶことができます。

他には、自社の名前やロゴをラベリングしたお酒を贈るケースもありますが、これは記念品としての単価が高いですので、大勢に贈るのは難しいでしょう。
特別な取引先に対して、贈るのに相応しい記念品です。

このように、会社設立の記念品として贈られる品物には、色々な種類があります。
他にもキッチングッズや入浴剤、 時計など色々なものを製作して配ることができます。

これらは形のある記念品ですが、一番忘れてはいけないのは相手からのお祝いの手紙やメールに対する返礼です。
そういった付き合いを忘れないことで、取引先との関係をがっちり掴むことができます。
開業時はやらなければならないことが多く、色々忙しいですが、まずは会社の取引先である相手への連絡を忘れないようにしましょう。