東京での会社設立の記事一覧 - おしえて!東京での会社設立

HOME » 東京での会社設立

東京での会社設立

会社設立後にやること

東京では日々新しい企業が誕生しており、大小さまざまな企業が成功のために試行錯誤していると言われています。
会社設立は個人事業主のときとはちがって手続きも複雑になる分、登記申請が通ったら少し安心してしまうところがありますが、その後もやることはまだまだあります。
そこでここでは会社設立後にやることは何か紹介したいと思います。
≫ 『会社設立後にやること』

会社設立時に利用する銀行について

東京にはいくつもの銀行があって、会社設立時にどの銀行を利用しようか迷っている人も多いと思います。
一般的に法人用の口座を作る場合、通帳とキャッシュカードの両方が使えるところでなければいけませんから、インターネットバンキングは除外され、店舗を構えている銀行が選択肢になります。
東京には三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行といった4大メガバンクの店舗が多数ありますし、そのほかにもゆうちょ銀行や地方銀行、信用金庫など様々な選択肢があります。
≫ 『会社設立時に利用する銀行について』

資本金の決め方

会社設立するときにとても重要になるのが資本金で、これは会社を運営していくうえで中心になるものですから、事業内容と規模に合った金額を設定して資金調達しなければなりません。
東京の企業はどこも資本金をたっぷり持っているイメージがある人もいるかもしれませんが、東京には大小さまざまな企業があり、むしろほかのエリアよりも資本金の幅は大きいでしょう。
≫ 『資本金の決め方』

事務所の選び方

会社設立するときの重要なポイントのひとつに「事務所の選び方」があげられますが、これはどんなところを見て決めればいいのでしょうか?
ここでは事務所を選ぶポイントを3つ紹介していきますので、これから探そうと思っている方は参考にしてください。
≫ 『事務所の選び方』

登記について

東京で会社設立するために手続きを開始しようとしている方も多いと思いますが、手続きの中でも一番注意しなければならないのが登記です。
登記は法務局で行う法人登録手続きのことで、これが終わるとひとまず法人として認められたことになりますから、あとは税務署へ開業届を出したり、各自治体へ申請を出せば完了となります。
≫ 『登記について』

株式会社のメリットとは

会社設立と言うと一般的には株式会社を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?
事実、日本の企業のほとんどは株式会社ですし、起業家以外の人は株式会社以外の会社形態を知らないというケースもめずらしくありません。
それくらい定着している株式会社ですが、メリットはどんなところにあるのか、ここではそのあたりの話をしていきたいと思います。
≫ 『株式会社のメリットとは』